【リンドバーグの魅力】カップリング曲のすすめ

シングルのカップリング曲には魅力的なものが多い。
いい曲なのにオリジナルアルバムに入っていないものも結構ある。

オリジナルアルバム未収録曲(みかん調べ)
CASH CARD (I MISS YOU)
千年たっても (さよならBeautiful Days)
上を向いていた方がいい (さよならをあげる)
パラシュート (もっと愛しあいましょ)
Move out your Love (君のいちばんに…)
いい感じだね(YAH! YAH! YAH!)
girl (風)
シアワセ (願いがかなうように)
P.S.(frosty love)
dear・・・(frosty love)
Kelly(you were there)
I love it(Teenage Blue)
Modern Woman Weekend(Teenage Blue)
雨音(it's too late)
東京計画(it's too late)


特に後期の曲はベストアルバムにも入っておらず、レア度が高い。
名曲ぞろいなのに、本当にもったいない。
でもシングルをわざわざかけるのも、めんどくさーい。
そんなわけで、こんなものを作った。



c/wベスト みかん編
1.上を向いていた方がいい
2.パラシュート
3.HAPPY BIRTHDAY
4.dear・・・
5.CASH CARD
6.千年たっても
7.Move out your Love
8.懲りない恋
9.悲しそうな顔
10.アジサイ
11.いい感じだね
12.girl
13.シアワセ
14.東京計画
15.every little thing every precious thing (another version)


ラストは「願いがかなうように」に入っているシングル曲の別バージョン。
でもこれもカップリングと考えて、シメに選んだ。

シングルのカップリングだけでベストもできちゃう。
リンドバーグ道は奥が深い。

※このエントリは昔ケイタイ版メルマガに書いたものを現代版に書き直したものです。
※2005/1/21更新:勘違いによる収録曲の訂正、本文微妙に修正。
※カップリングベストには、アルバムに収録されたc/wも含まれています。念のため。

Daybook > I know that it's too late へトラックバック
[PR]
by lindberg_blog | 2005-01-15 13:17 | LINDBERGの魅力に迫る


<< 【サイト紹介】平川家 【サイト紹介】FLIGHT L... >>